HOME   >  わんぱくの職員   >  新入職員 自己紹介

新入職員 自己紹介

2021年度 新入職員

2021年4月に新卒で入職したフレッシュな二人の自己紹介です。
わんぱくクラブで、日々一人一人に丁寧に向き合いながら働く中で、社会人として成長してほしいと願っています。

「今年3月にこども学部を卒業し、わんぱくキッズに保育士として入職しました。高校の部活は演劇部でしたので、絵本や紙芝居を読むことが得意です。学生時代の講義で障がい児者について学び、実習を通してやりがいを感じてこの仕事に就職したいと考えました。子ども達が遊びやわんぱくキッズでの生活の中で健やかに成長できるよう、一人一人としっかりと関わっていきたいと思います。」

「同じく3月にこども学部を卒業し保育士となり、デイズに配属されました。趣味は切り絵と動画編集、特技は神経衰弱が強いことです。社会人1年目の為、右も左もわからない状態でご迷惑をおかけしてしまうと思いますが、私は好きな会話を通じて利用者、ご家族、職員の方々と信頼関係を築いていき、一人一人の性格や特性、個性を知り、合った支援ができるように精一杯頑張っていきたいと思っています。今後は送迎も担当するので安全にも気を付けていきたいと思います。」

2020年度 新入職員

2020年度は新卒者1名入職しました。
コロナ発生の時期と重なり、歓迎や紹介の場も持てず、皆が落ち着かない中での入職となりましたが、不安に負けず頑張っています!

「令和2年4月よりアフタースクールわんぱくに配属されました。こども学部を3月に卒業し入職する前に、アルバイトとしてお世話になりました。他でアルバイトをしたことが無かった私にとって、毎日が大変な日々でしたが、職員の方々に丁寧に仕事の内容や、やり方を教わり、入職する前に利用者の方々との関りを持つことができ、とても良い経験となりました。まだまだ社会人として未熟ですが、精一杯頑張らせていただきたいと思います。」

2019年度 新入職員

保育士2名、各々の持ち味を生かして頑張っています。

「4月に保育士として入職させていただきました。最初は仕事を一つ覚えるのに精一杯でしたが、少しずつ周りを見て動くことや、どの作業にどのくらい時間がかかるか分かるようになってきました。まだ社会人一年目なので、至らない点が多く、ご迷惑をお掛けしてしまうと思いますが、精一杯、真面目に取り組んでいきます。よろしくお願いいたします。」

「4月より、わんぱくキッズで保育士をさせていただいております。学生時代に障害者施設での実習と、一昨年わんぱくキッズでインターンシップをさせていただき、実際に利用者の方々と関わり、やりがいを感じたことをきっかけに、この仕事に就きたいと考えました。子どもたちと向き合い、一人一人に合わせた支援を心がけていきたいと思います。保護者の皆様から安心してお子様をお預かりさせていただけるよう、日々責任を持って支援させていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。」
地域の中で安心して暮らすために・・・